本日もご覧いただきありがとうございます taku's 野鳥フィールドノート 2017年05月

2017年05月の記事一覧

巣作りなのか?

普段見ることが多いのは木の上か地上なのですが、この日はめずらしく草木の間にとまってくれました。


NIKON D810 + AF-S NIKKOR 500mm f/4E FL ED VR

<続きもあります>

水田にて

もう田んぼに水が入っているだろう、アマサギを探しに行こう。
今年もやっぱりいません。もう3年もこの場所で出会いがありません。
ケリもなんだか数が少なくなってきている印象です。

keri44.jpg

NIKON D810 + AF-S NIKKOR 500mm f/4E FL ED VR

<続きもあります>

月にほえる

まるで雄叫びのように。


NIKON D810 + AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VR + TC-14EⅢ

<続きもあります>

またもや

近場のフィールドがなくなる。 夏場の鳥ガレの時期にお世話になるセッカ、今年はもうだめのようだ。
営巣をしていた場所も、もう雑草が刈り取られていました。
フェンス越しでもまあいいかと思っていたら、そのフェンスの側から草が刈られて行く。

おかげでヒバリが撮りやすくなったと負け惜しみを言っておこう。


NIKON D810 + AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VR + TC-14EⅢ

<続きもあります>

トウネン

このPFレンズは光源を写すと醜いことになるようなのですが、
反射程度なら何の問題もありません。玉ボケもきれいにでています。


NIKON D810 + AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VR + TC-14EⅢ

<続きもあります>

北野俯瞰とビーナスブリッジ

なんやらかやで野鳥の撮影に5日間も行くことができません。
神戸の景色は夜景でしょとの突っ込みはご勘弁。
その内、夜景にもチャレンジしてみよう。


NIKON D810 + AF-S NIKKOR 24mm f/1.4G ED

<続きもあります>

大都会のバラ園

待ち合わせの時間まで余裕があったので、中之島にあるバラ園へ寄ってきました。
周りがビル群なので、できるだけビルを入れて撮ってみました。

カタカナが並ぶなか和名のバラ、その名も「天津乙女」3枚目の黄色いバラです。
イタミローズガーデンでながらく園主をされていた寺西菊雄さんが中学3年生の時に
作出された品種なのだそうです。 それにしてもバラの品種が多いのにちょっとびっくりです。


NIKON D810 + AF-S NIKKOR 24mm f/1.4G ED

<続きもあります>

ぶらんぶらん

久々に獲物獲得シーンに遭遇しました。 獲物はボラのようです。
あぶなっかしいつかみ方で今にも落としそう。 5枚目では片足の爪がはずれています。
おっとと! それでも最後はキッチリつかみ直しているわ。


NIKON D810 + AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VR + TC-14EⅢ

<続きもあります>

2枚目のキアシシギが凸くちばしのチュウシャクシギだったらなぁ。
この日チャンスがあったのですがどうしてもワンフレームに入る距離に近づいて
くれませんでした。
今年もまた凸凹コンビが撮れなかったのであります。 とほほほほ


NIKON D810 + AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VR + TC-14EⅢ

<続きもあります>

いつもの場所のいつものセッカ


NIKON D810 + AF-S NIKKOR 500mm f/4E FL ED VR

<続きもあります>

輝く尾翼のBマーク

NEWSで神戸近辺を5/19-5/21の間、飛ぶのは知っていた。 鳥友さんのブログを拝見すると
しっかり撮っておられました。 飛行時間も飛行経路も分からなかったので撮れる期待はしていません。

セッカを撮っているとその内やって来るかも知れないなーなどと思いながら飛行音がすると
振り返って飛行機を見ています。

10:06、今までと違う。飛行音が大きい。 振り向くとセスナに先導されている。
近すぎて2機同時にフレームに入りません。 鳥撮りの設定だったのであわててフルサイズに変更、
露出補正をプラスにするのが関の山だった。 残念、絞りは開放のまま・・・  プロペラをブレさす余裕もなく。
あっという間に真上を通過していく。  発見するのがもう少し早ければなどと、飛行機撮り超素人のたわごと。

新聞によるうんちく
スイス時計メーカー「BREITLING」が所有する「ダグラスDC-3」御年77歳の現役。
16000機製造の内150機が未だ現役だそうです。
ワールドツアーとして世界一周の途上だそうです。 21日も神戸周辺を飛ぶようです。


NIKON D810 + AF-S NIKKOR 500mm f/4E FL ED VR

<続きもあります>

花のまにまに

いつもどこでも居て集団でギャースカうるさく鳴くので嫌われ者です。
普段はなかなか撮ってもらえないのですが、ちょうど良い場所に来たので撮ってもらえたのであります。


NIKON D810 + AF-S NIKKOR 500mm f/4E FL ED VR

<続きもあります>

Twilight

そうだ夕景を撮ってみようと思い立って浜へやって来ました。ちなみに高所恐怖症なのでビルの上からは
なかなか撮れないのであります。夕焼けが出たら良かったのでしょうが・・・

日没まで時間があるので、すけべー心で持参した望遠レンズで鳥の撮影で遊んでいます。
野鳥の撮影を夕方にするのは初めての経験なのですが、はまりそうな予感。


NIKON D810 + AF-S NIKKOR 24mm f/1.4G ED

<続きもあります>

おっとっとセーフ

か細い穂先にとまるとババランスが・・・   セーフ


NIKON D810 + AF-S NIKKOR 500mm f/4E FL ED VR

<続きもあります>

アユの遡上

アユがいっぱい飛んでいるところを撮ろうと目論んでいましたが、なかなかまとまって飛んではくれません。
単発でポツポツと飛び、間隔もまちまちで撮りにくいことこのうえない。
反射神経も年とともに鈍ってきているのでしょう。
ファインダーを長くのぞいていると川の流れのせいで、なんかふらついてきます。
てなわけで鳥撮りに急遽変更であります。


NIKON D810 + AF-S NIKKOR 500mm f/4E FL ED VR

<続きもあります>

アマサギ飛ぶ飛ぶ

山をバックに優雅に舞うアマサギ。 橋に近づくも橋桁までは入らず残念。
いつもの剣菱さん、続いて多宝塔です。
なんども舞ってくれた後、そのまま飛び去っていったのであります。


NIKON D810 + AF-S NIKKOR 500mm f/4E FL ED VR

<続きもあります>

アマサギ飛ぶ

実は先日一山越えて、畑や田んぼに居ないかなと探しに行って来たのであります。
ここ3年ほど姿を見なかった。今年も全く居なくて、普通のサギも居なかった。
あれほど居たケリさへ2羽確認できただけだった。
まだ田んぼは水が引かれてなかったので、水が張られる頃に出直してみようと思っていた。

まさかこんな近くの場所で見られるとは・・・  まさかまさか・・・
今年のこの浜、大当たりの年であります。


NIKON D810 + AF-S NIKKOR 500mm f/4E FL ED VR

<続きもあります>

アジサシ飛ぶ

日によってムラがある。 40-50羽居ると思ったら、次の日には1羽も居ない。
風の強い日は居ないことが多い。 行ってみてのお楽しみなのであります。


NIKON D810 + AF-S NIKKOR 500mm f/4E FL ED VR

<続きもあります>

モビング

夕刻に浜の様子を散歩がてらに見に行ってきました。
ハマシギが20羽 コアジサシそこそこ、チュウシャクシギにキアシシギです。

あまり撮る気にならず、帰ろうと後ろを向いたら何かがカラスに追われていた。
慌ててリュックからカメラを取り出して見ると、なんとこの浜ではめずらしいハヤブサではないか。
曇っていてさえない空色ですがお構いなし。あっという間に150枚撮影したのですが
ピントが甘いのが大半で、残ったのはたったの30枚だったのであります。


NIKON D810 + AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VR + TC-14EⅢ

<続きもあります>

砂浜チョロチョロ

砂浜を移動しているとなにやらチドリアシ。 水鳥&シギチは詳しくないのでよくわからないまま
パシャパシャパシャ。シロチドリと一緒にパシャリンコ。
帰宅して調べてみるとどうやらトウネンのようです。


NIKON COOLPIX P900

<続きもあります>

チュウシャクシギ

くちばしの凸凹を1枚におさめたくてこの時期この浜に通うのですが、未だ成果がありません。
先日、他の方のブログを拝見していると、なんとチュウシャクシギとソリハシシギがワンフレームに。
ううん~ うらやましすぎなのであります。

tyuusyakusigi139.jpg
NIKON D810 + AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VR + TC-14EⅢ

<続きもあります>

こころはいつも青空

この日は午後からの雨予報。 雨の降るまでの短い時間、車横付けで撮っていました。
ブルースカイならぬブルーシートです。なんとなく建物の形がわかりますかね。
ポツリポツリと来たので即撤収でした。


NIKON D810 + AF-S NIKKOR 500mm f/4E FL ED VR

えさわたし

岩場の上で休みながら盛んに鳴く。 しばらくすると餌を運んで雄が来る。
求愛給餌です。ディスプレイとも言います。
なんどもなんども運んでくるので撮りやすいのであります。


NIKON D810 + AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VR + TC-14EⅢ

<続きもあります>

夏が来た

頭が黒く夏羽になっています。この鳥は留鳥なのですが、繁殖期のこの時期ヒッヒッヒと
鳴きながら飛ぶので見つけやすくていつもこの時期から撮り始めます。
まだ営巣はしていませんが、巣作りは始めています。
同じ場所に何度も綿毛のようなものを運んでいるのでわかります。

近場のセッカ撮影ポイントはどんどんと無くなり、最初に撮り始めた場所に逆戻りです。
ただし周りをフェンスで覆われていますので、フェンス越しの撮影となっています。
フェンスにレンズを近づけるとフェンスそのものは写らないのですが
撮れた画像はなんかすっきりしなくてストレスを感じるのであります。


NIKON D810 + AF-S 500mm f4E FL ED VR + TC-14EⅢ

<続きもあります>

雨にハマシギ

ほぼ毎日この浜の観察をされている方のブログを拝見しています。
ハマシギは雨の日にやってくる確率が非常に高いのであります。

雨はあがったが今にも再度降りそうな曇天です。ここのところ歩行時間が少ないので
散歩をかねて浜まで行くことにする。もちろんハマシギやアジサシ飛来も期待しています。

予想通り人出はありません。やっぱりハマシギがやって来ていました。
コアジサシも居ますが、アジサシは混ざっていない。 
夏羽ハマシギだけをちゃっちゃと撮って、即退散してきたのであります。


NIKON D810 + AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VR + TC-14EⅢ

<続きもあります>

メピカ

みんな同じような写真になってしまいましたが、目がぴかっとなっているのをUPしてみました。
黒線の中にある黒目ですが、条件がそろうとこんな風に写ります。


NIKON D810 + AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VR + TC-14EⅢ

<続きもあります>

整列

飛び込みも飛翔もいいけれど、こんなのも好みなのであります。


NIKON D810 + AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VR + TC-14EⅢ

<続きもあります>

初見カワアイサ

電車に乗って出かけてきました。 川沿いに上がっていくが発見できません。
どうせ結構歩くことになるだろうと予想していたので、軽量お手軽超望遠カメラです。

3Km弱歩いてようやく見つけられました。幅の広い川の中央部です。
遠い遠い、それでもさすがの超望遠、こんな時には頼りになります。
画質はともかくそれなりに写るのであります。


NIKON COOLPIX P900

<続きもあります>

マミチャジナイ

最初、ちょいと遠くの木にとまったのを撮って、モニターで見てみるとアカハラまだ居るのかと言う印象。
近くの地面におりてきた。 おや白い眉斑があるではないか。

以前、シャッターを押す寸前で逃げられた。それ以来出合がなかったが、こんな近場で遭遇するとは。
ここは結構な穴場なのを再確認できたのであります。


NIKON D810 + AF-S 500mm f4E FL ED VR

<続きもあります>

にぎやかに登場

鳴き散らかすと言う表現がぴったりだ。 だだっ広い場所にもかかわらず、よく通る声で鳴き散らかしている。
遠くで鳴いていてもすぐ近くのように聞こえます。
ようやく君らの季節だね。
空の色がきれいだなと思って撮っていましたが、ありゃま 建築物のブルーシートだったわ。


NIKON D810 + AF-S 500mm f4E FL ED VR + TC-14EⅢ

<続きもあります>

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

Author:taku
2008.11.04にカワセミを初めて見ました。きれいなブルーに魅せられ、以来近場の川、池でカワセミメインの野鳥撮影を楽しんでいます。関西在住。 
ブログ開設 2009.11.04

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
 
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム