本日もご覧いただきありがとうございます taku's 野鳥フィールドノート 海難救助艇 US-2

海難救助艇 US-2

朝がだめなら夕刻はどうじゃろかい。 15時過ぎに海べりに着くと、なにやら海上に煙が見える。
双眼鏡をひっぱりだしてのぞいてみると発煙筒がたかれている。警戒船もいます。
見渡してみると居た居た居た。

久々に走る走る、海べり先端まで。 ゼイゼイ言いながらも撮影開始。
SS1/250で撮り始めたが、プロペラが肉眼では全く見えない。
飛行機撮影の素人まるだしで、SS500 800 1250 1600と上げていってしまった。
後で写真を見るとしっかりプロペラが止まっている。 あちゃ~であります。

平成25年6月にニュースキャスターの辛坊治郎氏を救助したのがUS-2、その後継機なのだそうです。
波高3mでも着水できる性能はそのままに低価格化を実現したとウイキ情報。

離水の時間、距離もあっという間で性能の高さが素人でも分かる。
残忍ながら向こう向きの離水だった。
深江浜をまわって新明和の工場の方へ飛び去って
撮影はワンチャンスだったのであります。


NIKON D810 + AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VR + TC-14EⅢ


hikoutei01.jpg

hikoutei02.jpg

hikoutei03.jpg

hikoutei04.jpg

hikoutei05.jpg

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

タイトルをUS-3としていましたが正しくはUS-2でありました。
失礼いたしました。
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

Author:taku
2008.11.04にカワセミを初めて見ました。きれいなブルーに魅せられ、以来近場の川、池でカワセミメインの野鳥撮影を楽しんでいます。関西在住。 
ブログ開設 2009.11.04

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
 
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム